ランリグ 2003- 2012 Run Rig

【今週のヴァンレコメンド】希少在庫のご案内!

TORBRECK トルブレック 不動の高得点!オーストラリア最高の造り手、トルブレック
パーカーポイント不動の高得点で多方面から注目を集めるオーストラリア最高の作り手トルブレック。

創立者デイヴィッド・パウエルにより1994年に設立されました。
設立のきっかけは、1992年に当時ロックフォードで働いていたデイヴィッド・パウエルが乾地農法で育つ古い葡萄畑を見出だし、手入れをし始めたことに端を発します。
見つけた当時は殆ど枯れかけていた古樹を見事に生き返らせ、荒廃した古いシラーズの古樹から、最高の果実を収穫することに成功しました。
「Torbreck」の画像検索結果 トルブレックのワインは、南仏ローヌヴァレーのワインにインスピレーションを受け、
世界でも有数の樹齢の古い葡萄樹が育つバロッサヴァレーで、シラーズ、グルナッシュ、ムールヴェードルといったローヌ品種で最高のワインを生み出す世界でもトップクラスのワイナリーです。
トルブレックで使用される葡萄は、樹齢150年を超えるものもあり、世界最古のレベルです。
これらの葡萄樹は、フィロキセラの被害を免れ、1980年代初頭のオーストラリア政府による減反政策の中を生き延びてきたものです。
古樹の畑は驚くほど低収量であり、また、まだ樹齢の若い畑も非常に収量を抑えているため、どのワインも非常に深い色合いを湛え、濃厚で複雑な味わいに仕上がります。
2008年より、トルブレックは、新オーナーのピーター・ナイトの下、ワイナリーを最新設備に一新し、ワイナリーでの瓶詰めが可能となりました。
生産ラインを始めから終りまで一貫して品質管理することで、トルブレックの新たなスタンダードを築いています。
オーナーのピーターは、アメリカとオーストラリア双方のワインに深い造詣があり、これまでの品質を維持すると共に、過去のトルブレックワイン超える最高のワインを作ることに意欲を見せています。
2014年には、単一畑のザ・レアードで栄えあるパーカーポイント100点を獲得し、躍進を続けています。
2017ヴィンテージからは、バロッサの土壌と葡萄に深い造詣を持つ醸造家イアン・ホンゲルを新たな醸造責任者に迎えています。
イアンは、トルブレックに上質なシラーズを長年供給してきた葡萄農家に生まれ、大学で醸造学を修めた後、ドイツ、フランス、カリフォルニア、バロッサでワイン造りの腕を磨き、
バロッサ・ワイン・ショーの委員長やオーストラリアワインの品評会ナショナル・ワイン・サーキットで常任審査員を勤めるなど、目覚ましい活躍を見せています。
【醸造家イアン・ホンゲル】

2003VTはこちら 2004VTはこちら 2012VTはこちら

ラン・リグは、ローヌ北部の山間で育つ美しい香りとハリのあるストラクチャーを備えたコート・ロティのワインとよく比較されます。
陽光溢れるエルミタージュの丘で育つ素晴らしい凝縮感を湛えたワインに比肩する、卓越したアロマと力強く芳醇な味わい。
樹齢の古いシラーズをヴィオニエとブレンドすることで果実の力強さや複雑味が際立ち、ワインにさらなる奥行きを与えます。

■テクニカル情報■
産地:南オーストラリア/バロッサヴァレー 樹齢:94~158年(平均樹齢122年)
平均収量:14hl/ha 【2012ヴィンテージ】 畑(小地区):リンドック、ローランドフラット、セッペルツフィールド、グリーノック、モッパ、エベニーザー
品種:シラーズ98.5%、ヴィオニエ1.5% アルコール:15.5% pH:3.74 TA:6.51g/L
醸造:6~7日間マセラシオン発酵させ、バスケットプレスで圧搾してフレンチオークの樽(新樽率50%)に移し、収穫区画ごとに 個別に30ヶ月熟成させます。
それぞれの樽の熟成具合を見て最終ブレンド比率を決め、瓶詰前にブレンドします。

■2012コメント■
2012年はバロッサ・ヴァレーにとって最高のヴィンテージとなりました。素晴らしい気候に恵まれ、テロワールの特徴が存分に引き出されたワインに仕上がりました。
冷涼な天候の影響で長い時間をかけて成熟した果実は、豊かなアロマを湛え、ラズベリー、アプリコット、クレーム・ド・カシスの香りに、ブラックオリーヴとチェリーの仄かな香りが層を成して表れます。濃厚で深みのある味わいと滑らかな口当たりが印象的。深紅のチェリー、クローヴ、スミレ、甘草の香りが甘いスパイスとシナモンの風味と絡み合い、プラム、アーモンド、土、ブラックベリー、コショウの風味へと変化していきます。
表情豊かな果実味、長い余韻、端正なバランスが特徴です。数年寝かせることで、更に美しく成長してゆきます。

2012ヴィンテージ★パーカーポイント97+点 eRobertParker.com #219 2015年6月 深いガーネットパープルの色調。焼いたチェリーとラズベリーのジャムの香り。
スミレ、シナモントースト、アニス、バニラの風味が漂う。フルボディで力強く、上品でエレガント。しっかりした骨格、きめ細やかなタンニン、フレッシュな酸が素晴らしいフィニッシュへと続く。
飲み頃:2017~2030年

2012ヴィンテージ★ワインスペクテーター95点 winespectator.com 2015年11月30日 恰幅がよく伸びのある芳醇な味わいで、非凡な存在感を湛えている。
鋭く焦点の定まったブラックベリー、ダークプラム、チェリー、エキゾチックなスパイスの風味に、洗練されたタンニンが層を成して表れる。
とてつもない力強さと粘力が感じられるシラーズとヴィオニエ。2015-2030年が飲み頃。

2012ヴィンテージ★ヴィノス94点 Vinous.com 2016年1月 明るく鮮やかな紫色を湛え、スモーキーでスパイシーな黒果実と青果実、ヴァニラ、お香、ポプリが香る深みのあるアロマ。
口に含むと、贅沢で継ぎ目を感じさせない滑らかな味わいがどこまでも広がり、ブルーベリー、木苺、フルーツケーキの風味が染み渡るように感じられ、ヴァニラのニュアンスが再び表れる。
豊かで芳醇な味わいが際立つと同時に、優雅さに溢れ、驚く程軽やかでいてジューシーな酸を伴うシャープな切れ味を備えている。
粘性の強いフルーティなフィニッシュは、生き生きとしたエネルギーに満ちたクリアな味わいが広がり、くすんだタンニンがゆっくりと表れ、ワインの味わいを引き締め、しっかりとした骨格を与えている。] 未だに若々しい味わいを湛えているが、もう暫く熟成させることで2010年のグレートヴィンテージに引けをとらない最高の品質へと成熟する。飲み頃:2023-2032年。

2003VTはこちら 2004VTはこちら 2012VTはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA