はじめに

大田市場は、 昭和56年度に策定された第三次東京都卸売市場整備計画に基づいて、 青果・水産・

花きを取り扱う総合市場として建設された。

青部は神田市場 荏原市場及び蒲田分場を移転統合し、 水産物部は大森市場を移転収容するこ とで平成元年に開業。 翌年平成2年には、 城南地域を中心とする9つの民営地方卸売市場を統

合収容し、 大田市場花き部が開業した。 「日本最大級の敷地面積を有し、その大きさは東京ドームおよそ 8.5個分に相当する。 特に青果部



花き部は、 施設の規模、 取扱量ともに日本最大の市場であり、全国の建値市場としての役割を果し、 供給圏は東日本全域に及んでいる。

市場内には、多くの出荷団体の事務所があり、流通の情報化に対応できる市場となっている。 ま

た、見学者のための展示室や見学コースが設けられ、 都民が親しめる市場となっている。

花き

者数 (令和2年1月1日現在)

卸売業者

2社

【(

)大田花き

(株)フラワーオークションジャパン (FAJ)】

仲卸業者 18店舗 18業者

売買参加者

1,519名

せり開始時間

午前7時00分

● 占有率:

東京都中央卸売市場-5市場に占める取扱額の割合 59.4% (令和元年)

全国の中央卸売市場-14市場に占める取扱額の割合42.5% (令和元年)

●過去3か年取引量 金額 (カッコ

内金額)

単位:千本金額100万円

(関市日数)

平成29年(309日) 519.128

平成30年 507.059

(309日) (33.164)

令和元年(305日)

切花/千本

(33,274)

496.930

(33,026)

鉢物/鉢

14,803

(8.581)

13,413

(8,065)

12.336

(7.790)

[切葉/千枚

38,776

(1.360)

37,882

(1.331)

36.328

(1,321)

切り枝/千葉

10.460

(3.322)

10,032

(3,519)

9.733

(3.718)

その他/千籍

1.941

(3,224)

1.808

(3.055)

1,701

(2.909)

合計/千本

843.058

(49.760)

808.881

(49.133)

781.657

(48,763)

1日当り/千本

2.728

(161)

2618

(159)

2.563

(160)

合計及び1日あたりの数量は8本、10枚=1本、切1=10本、 その他1=50本で切り花に 数は単位未満を四捨五入してあるので、合計数値と内訳は一致しない。

大田市場の市場別取扱数量の推移

全国14の中央卸売市場の中で、花きの取扱高は日本一となっている。 開場より日本初のせり下げ方式による 「機械せり」を導入しせり時間の短縮を実現する等、先

進的な取り組みを行ってきた。